京都観光モデルコース

効率的に巡る【厳選】京都観光モデルコース

京都観光モデルコースについてご説明させていただきます。初めての京都観光を検討されている方から、2回目・3回目の京都旅行に行きたいけど、どのようなコースで巡ったらよいのかお考えの方に、参考になればと思います

 

すべての京都観光は「京都駅」から始まります

京都駅

京都の交通拠点として誰もが利用する京都駅は、空港からのリムジンバス・夜行バス・市営地下鉄・市バス・近鉄・JR・新幹線・タクシーなど発着する京都の観光拠点となる場所です。マイカー以外で京都に来られるというお客様の場合、京都駅を経由して来られるというケースがほとんどです。京都駅からであれば、有名観光地への移動はラクラクです。

 

荷物をあずけて、すぐに京都観光へ出発

京都駅に到着したら、すぐに荷物を当館へお預けください。重たい荷物は邪魔になりますので、不要な分はホテルに預けて身軽に。あまり、旅行をされないお客様などは荷物をホテルに預けず、コインロッカーを使っていたという話も聞いたことがあります。ホテルに荷物を預けることで、コインロッカー代が節約できちゃいます。

 

初めての京都|京都観光モデルコース1日目

京都観光モデルコース図

初めて京都観光の場合は東側と西側を巡るモデルコースがおすすめ、誰もが知っている京都の有名観光スポットを効率よく巡ることができます。 <1日目> 10:00 ホテルへ荷物を預ける 10:30 嵐山 14:00 金閣寺 17:00 チェックイン 18:30 お部屋で京料理の夕食(事前予約制) 20:00 京都温泉でゆったり

 

初めての京都|京都観光モデルコース2日目

祇園・東山モデルコース図

06:30 ぶらり朝の東寺散策 08:00 朝食 10:00 チェックアウト、着物の着付けへ(事前予約制) 11:00 伏見稲荷大社 13:00 清水寺・祇園 17:00 京都駅

 

まず初めに向かうのは定番の「嵐山」

嵐山駅

京都駅から嵯峨嵐山へのアクセスはJR嵯峨野線が便利です。快速電車なら約15分、各駅停車で約18分の乗車となります。もちろん京都駅前のバスターミナルから市バス28系統「嵯峨大覚寺行き」の乗車で嵐山まで行く事はできますが、1時間に3本ぐらいとバスの本数も少ない上に乗車時間も1時間以上もかかります。JR嵯峨嵐山駅から「渡月橋」までは徒歩で10分。橋の少し下流からの眺めはよく、定番の撮影スポットとなっています。

 

定番の渡月橋

渡月橋

京都駅から嵯峨嵐山へのアクセスはJR嵯峨野線が便利です。快速電車なら約15分、各駅停車で約18分の乗車となります。もちろん京都駅前のバスターミナルから市バス28系統「嵯峨大覚寺行き」の乗車で嵐山まで行く事はできますが、1時間に3本ぐらいとバスの本数も少ない上に乗車時間も1時間以上もかかります。JR嵯峨嵐山駅から「渡月橋」までは徒歩で10分。橋の少し下流からの眺めはよく、定番の撮影スポットとなっています。

 

竹林散策などブラブラ歩く

嵐山の竹林

嵐山で大人気の竹林ですが、日本の方だけではなく、世界中からも多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。嵐山は桂川にかかる渡月橋や竹林、世界遺産に登録されている寺院で京都でも有名な観光地です。歩くだけで京都の和の雰囲気を感じることができ、通年を通して多くの観光客が訪れます。

 

嵐山で食べ歩き

嵐山食べ歩き

嵐山は景色だけでなく、グルメも楽しむことができます。嵐山の観光メインスポットは、だいたいが歩いて行ける範囲に集まっているのが特徴です。目的地に向かう途中にはたくさんの食べ物屋さんがあるので、食べ歩きに最適です。食べ歩きの魅力は、美味しい食べものを食べながら美しい景色も堪能できるところ。 人気はコチラ 「%ARABICA 京都」嵐山店 コーヒーで有名なこのお店は、渡月橋を少し川上に上がった場所にあります。 紙コップに独特のロゴが入ったマークと渡月橋をバックに写真撮影してInstagramにアップする人が多いようです。 「古都芋本舗」の大玉みたらし ちょうど竹林の入口付近にあるこのお店は、大きなみたらし団子が人気です。 大粒の団子は一串でお腹がいっぱいになるほどの大きさです。空腹を満たすにはちょうど良い感じです。 「竹路庵」のわらび餅 箱一面に入っているのが特徴で、口に入れた瞬間に口の中でとろけます。 きな粉も香ばしく程よい甘さなので、甘いのが苦手な人にもおすすめです。 その他、コロッケ・ジェラート・豆腐ドーナツ・など京都にちなんだ商品が沢山ありますので、自分にあったフードをチョイスしましょう。

 

嵐電で龍安寺へ

龍安寺の石庭

嵐山から龍安寺へは、嵐電で向かいます。龍安寺と言えば、わざわざ説明する必要がないくらいに有名なのが、この石庭。この西側の油土塀は奥側(画像では左)が50cm低くなっているそうです。また、この油土塀の色模様も幻想的な感じです。まさに圧巻で、すばらしいの一言!石庭を出ると油土塀をすぐ近くで、なんとも言えない幻想的な色模様です。油土塀の上の枯れ木は桜満開の頃は絶好の撮影ポイントになりそうです。

 

龍安寺から金閣寺へ

鹿苑寺前の風景

京都で京都らしい雰囲気を味わうことができるのが、清水寺を含め祇園エリア。三寧坂・二寧坂・八坂の塔・法観寺 八坂の塔が特に有名です。清水寺から高台寺を抜け、雰囲気ある石畳の道を進むと円山公園に入り、そこから西に進むと八坂神社へと続きます。八坂神社の正面の門を抜けると四条通りとなり少し進むと舞妓さんなどで有名な花見小路通となります。そのエリアには縁切り神社として知られている安井金比羅宮・京都らしい辰巳神社がある巽橋などがあります。

さすがに人がいっぱいいますね。金閣寺道沿いにある入口から皆様御存知の黄金に輝く建物まではす少し距離があり、どんどん奥に進んでいきます。朝日を浴びて金色に輝く金閣寺は、とっても美しくて、見応十分です。金閣寺の境内は歩くと、けっこう広いので、ゆっくり見て回ると1時間ほどかかります。金閣ばかり目が行きますが、金閣寺は相国寺派の禅寺侘び寂びの世界があります。

 

京都西側のモデルコース(1日目)のポイント

京都西側の嵐山エリアへはJRを利用することで、効率よく移動することができます。嵐山では渡月橋や竹林で食べ歩きなどしながら散歩した後は、嵐電で龍安寺、金閣寺へ向かいます。龍安寺から金閣寺へは、歩いて行くことも可能ですが、少し距離があるので市バスやタクシーを利用したほうが良いでしょう。金閣寺の観光が終わったら京都駅まで戻るのですが、金閣寺から京都駅へ戻るバスは多くの観光客が乗車する可能性があります。特に土日祝祭日などの観光客が多い場合は、混雑した車内にずっと立ちっぱなしになります。渋滞も考えられ50分以上も京都駅までかかってしまう場合ありますので、特に注意が必要です。そんな場合は、バスで京都駅とは反対となる北方面(北大路駅)に行き、そこから地下鉄駅で京都駅まで戻る方法のほうが、スムーズに快適に行けます。