ハトヤ瑞鳳閣の見所「ハトヤ八景」

「八」は古来より吉兆の数、
創業当時よりお客様のご多幸を願い、使われ続けた「八」。
洛中に湧き出る自家源泉のぬくもり、
和を感じる木々のかほり、せせらぐ水の音、
「吉兆数」に因む「八」つの景は、
京都を訪れる旅人をあたたかくお迎えいたします。

【一の景】フロントカウンター(1階)和紙タペストリー

フロント正面に位置する和紙のタペストリー。
和紙デザイナー堀木エリ子氏の作品となります。
当ホテルのシンボルである「鳩」の羽ばたきをモチーフに、
メビウスの輪で表現していただきました。
心惹きつけられる壮観な作品となっております。

【ニの景】天然温泉大浴場陶板画

8Fの大浴場で眺めることができる陶版画。
躍動感あふれる作品は、究極のアマチュアリズムを
標榜する異色の絵師である
木村英輝氏(画家)の作品となります。
陶板には日本の四季が描かれており、
「京の陶湯然」と名付けらています。
同氏の作品はハトヤ屋上の壁画としても飾られております。

【三の景】洛中の詩と纒

1Fエレベーター前にある書は、
市田ひろみ氏(服飾研究家)の作品となります。
詩の頭文字には当ホテルの名前の
「はとや」の文字が隠されており、
旅人へのもてなしの心を表した
詩となっております。

【四の景】茶室 栄寿庵

2F 宴会場前にある茶室「栄寿庵」
茶道裏千家監修により建造されました。
「栄寿庵」の名は
千玄室大宗匠より賜ったものとなります。

【五の景】井戸

当ホテル玄関前に位置する「井戸」には、
豊かな伏流水に恵まれた京都の清冽な水が
絶えず溢れています。
年中絶えることのない湧き出る水は、
当ホテルの恵の象徴でもあります。

【六の景】屋上吹き抜けの中庭

吹き抜けの中庭は、1Fから8Fまで
全ての階から眺めることができます。
竹の植栽や石灯籠などの
町家の坪庭を彷彿とさせる中庭となっております。

【七の景】五山の庭(屋上)

屋上からは東山連峰や北山、
五山の送り火で知られる京都五山を見ることができます。
また、京都タワーが直近に見えるなど、
駅前の京都市内の景色も見所となります。

【八の景】季節のイルミネーション

20時より点灯するイルミネーション。
京都の町を彩るイルミネーションは、
季節ごとに色が変化する照明プログラムにより、
建物の外観がライトアップされます。