京都のお土産選びに悩んでませんか?秋を感じられるおすすめ品から定番お土産まで8選を紹介

グルメ

京都の秋は見どころがたくさん!

京都の秋といえば、”紅葉”が一番に浮かぶ方が多いのではないでしょうか。実際に秋限定で紅葉のライトアップが開催されていたり、名所にはたくさんの人が訪れ注目を集めています。京都の秋ならではの体験はもちろんのこと、家に帰ってからも旅の余韻に浸るのもおすすめです。しかし、京都にはたくさんのお土産が用意されているため、何を選ぼうか悩んでしまいお土産選びに時間を要してしまう可能性があります。そこで今回は秋の京都を感じられるセンス抜群の秋限定、京都のお土産8選を紹介します。ぜひ旅に出る前にチェックしてみてください。

センス抜群の秋限定京都のお土産3選

ここでは京都のお土産の中でも、秋限定で手に入れることができるお土産を5つ厳選しました。ぜひチェックしてみてください。

お花の形が可愛らしいnikinikiの生八ツ橋。

創業320年以上の老舗「聖護院八ッ橋総本店」が手掛けている「nikiniki(ニキニキ)」は、生八ツ橋を可愛らしくアレンジしている新ブランドです。生八ツ橋の形は三角形が定番です。しかし、nikinikiの生八ツ橋はSNSでも映えるお花の形をしており、見た目を楽しむことができます。気になるフレーバーですが、和を感じる抹茶やセサミを始め、シナモン、ロゼ、アズールの5つのカラフルな生八ッ橋となっています。秋限定商品には。季節ならではの南瓜や柿などが登場するので、気になる方はチェックしてみてください。

■nikiniki
[取扱期間]未定
[住所]京都府京都市下京区四条西木屋町北西角
[営業時間]10時30分~19時
[定休日]不定休
[公式ホームページ]https://shogoin.co.jp/
※詳細は「聖護院八ッ橋総本店」まで。

200年以上の歴史がある井筒八ッ橋

文化二年(1805年)に井筒八ッ橋本舗で、当時人気を集めていた堅焼きせんべいを継承し受け継がれているのが「井筒八ッ橋」です。元々飯びつや桶に残っている米を流し捨ててしまうのはもったいないことに気付き、残りの米に、蜜と桂皮末を加えて、堅焼煎餅を作ったのが始まりだとされています。後に、琴の形に仕上げた堅焼煎餅を「八ッ橋」と名前で販売したところ、大流行し今の人気に繋がっています。秋限定商品は過去にも販売されており、9月上旬から12月にかけて販売されていることが多いです。味としては秋を感じられる「栗あん」「芋あん」などが販売されていたこともあり、2023年の限定商品発表も待ちきれません。

■井筒八ッ橋
[取扱期間]未定
[住所]北座ビル1F 祇園本店 京都市東山区川端通四条上ル
[営業時間] 10:30~18:30
[定休日]不定休
[公式ホームページ]https://www.yatsuhashi.co.jp/index.html#banner

和三盆糖を体感できる[UCHU wagashi]

可愛らしい一口サイズで、淡いカラーが特徴的なUCHU wagashiの「ochobo」は、その見た目からSNSでも話題となっています。気になる食感や味は和三盆糖が口の中に入れた瞬間に優しく広がり、すーっと溶けていきます。優しくほんのり甘みを感じることができるので、甘いものが苦手な方でも食べやすい工夫が施されています。気になる味ですが、ジャスミン茶、ほうじ茶、抹茶などがあり、どれも爽やかで誰かに贈るお土産にも最適といえます。ティーフレーバーの香りは少しでも長く感じられるように、お菓子を傷つけない柔らかい和紙を使用しています。さらに、一つひとつ丁寧に手作業で包装しており、そのこだわりを感じることができます。たっぷり茶葉を使用しているため、見た目や香り、味などをじっくり体感したい方にはおすすめです。秋限定商品には、「りすとどんぐり」という名で過去に落雁9個、金平糖(パイン味)が販売されています。

■UCHU wagashi(ウチュウ ワガシ)
[取扱期間]未定
[住所]京都府京都市上京区寺町通丸太町上ル信富町307
[営業時間]10:00〜17:00
[定休日]火・水曜休
[公式ホームページ]http://uchu-wagashi.jp/?pid=26545692

紅葉狩りの後にお土産を買うならココがおすすめ!

お土産を購入するタイミングを迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そんな方は紅葉狩りのついでに購入できるお土産店をチェックするのもおすすめです。ここではおすすめを5選紹介します。

[RAU Patisserie & Chocolate]

味だけでなく、見栄えもいいお土産を求めている方におすすめなのが[RAU Patisserie & Chocolate]のクリームサンドサブレです。フランスと京都がマッチした見た目と、サクサクの食感を楽しむことができます。特徴的な形をしていますが、屋根瓦の風景や形状をイメージしている波型サブレは他と被らないので、誰かに送るお土産にも最適なのではないでしょうか。気になる味ですが、3種の軽やかなクリームでプラリネ・ショコラ・抹茶で取り揃えています。お子様などの若い世代はもちろんのこと、上品さを感じさせる味と見た目はご年配にも喜ばれるクリームサンドサブレです。3種を詰め合わせた6本セットは2700円で用意されています。紅葉スポットとしては永観堂や南禅寺など周辺には人気で有名な秋の名所が多く集まっているので、紅葉狩りついでに寄ってみてはいかがでしょうか。

■RAU Patisserie & Chocolate (ラウ パティスリー&チョコレート)
[住所]京都府京都市下京区河原町通四条下ル2丁目稲荷町318-6 GOOD NATURE STATION 1F、3F
[アクセス]阪急「京都河原町駅」から徒歩2分 京阪「祇園四条駅」から徒歩5分
[営業時間]10:00〜19:00(1F)11:00〜19:00(3F)
[公式ホームページ]https://rau-kyoto.com/products/chocolate/nami-nami.php
※オンラインでの販売有

ショコラ ベル アメール 京都別邸 三条店

南禅寺に近いお土産店を探している人なら、チョコレート専門店ベル アメール京都別邸三条店をチェックしてみてください。枡に見立てたショコラに厳選した日本の素材をジュレにして流し込んだ「瑞穂のしずくアソート」やタルト生地に、ガナッシュやプラリネ、フルーツピューレを入れ、チョコクリームやドライフルーツでデコレーションしたタルトショコラがおすすめです。また秋には秋限定のタブレットショコラ「紅葉」という商品が過去に販売されているので、秋ならではのお土産を手に入れることができるかもしれません。ショコラ ベル アメールは一つ一つのお菓子を丁寧に仕上げていることはもちろん、京友禅和紙を使用した雅なパッケージなどを使用しており、お土産の箱を開封するのもワクワクしてしまう作りとなっています。コンパクトで可愛らしく、上品で高級感あふれるお土産のため、大切な方や普段お世話になっている方へ送るお土産として候補に入れてみてはいかがでしょうか。

■ショコラ ベル アメール 京都別邸 三条店
[住所]京都市中京区三条通堺町東入ル桝屋町66
[アクセス]地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」から徒歩約5分
[営業時間]10:00~20:00
[定休日]不定休
[公式ホームページ]http://www.belamer-kyoto.jp/

七條甘春堂本店

歴史があるお土産を探している方は、150年の伝統を紡ぐ京菓匠である「七條甘春堂本店」がおすすめです。近くの紅葉スポットには東福寺などもあるため、紅葉狩りの帰りにも立ち寄りやすいです。京菓子の伝統を伝えつつ、今時さも追求している生菓子や羊羹は華やかさを感じ、繊細な京菓子に浸ることができます。店頭には季節ごとの和菓子が並ぶため、紅葉の時期には秋らしさを表現した京菓子を選ぶことができます。

■七條甘春堂本店
[住所]京都府京都市東山区七条通本町東入西之門町551
[アクセス]京阪電車「七条」駅 東に歩いて約5分
[営業時間]9時~18時
[公式ホームページ]https://www.7jyo-kansyundo.co.jp/

KYOTO_gummi

SNS映えしそうな京菓子の中でも最新のお土産を探している方には「KYOTO_gummi」がおすすめです。近くの紅葉スポットには人気スポットの清水寺などがあり、紅葉狩り帰りにお店をのぞいてみるのもいいでしょう。ちなみに、2023年7月から大丸京都店の南側にある『ジェレミー&ジェマイマ 烏丸BASE』の営業を再開したこともあり、さらに注目を集めています。京都らしい和なパッケージが印象的で、大文字の送り火や五重の塔、カタカナで「キョウト」と型取られており、見た目のインパクトは抜群です。また、気になる味ですが八つ橋風や黒蜜きな粉など、京都を感じられる味になっているので、旅から帰った後も京都を感じることができます。

■KYOTO_gummi
[住所]京都府京都市東山区下弁天町51-4
[アクセス]祇園四条駅から655m
[営業時間]11時~17時
[定休日]なし
[公式ホームページ]https://jeremyjemimah.com/

ケーキハウスニルス

京都のお土産に甘くて見た目も可愛いお土産を探している方には「ケーキハウスニルス」の「たけのこマカロン」がおすすめです。なんと見た目がたけのこという斬新なマカロンですが、中身のクリームには長岡京産たけのこグラッセがサンドされています。1個200円代という手軽な価格で購入できるため、自分用のお土産に購入してみてもいいかもしれません。近くの紅葉スポットには長岡天満宮があるため、紅葉狩りや観光ついでに寄ってみてはいかがでしょうか。

■ケーキハウスニルス
[住所]京都府長岡京市野添1-16-6 メゾン野添1階
[アクセス]長岡天神駅より徒歩17分
[営業時間]9時30分~19時30分
[定休日]火、第1・3月は不定※祝日の場合は営業
[公式ホームページ]http://www.cakehouse-nils.com/#

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は、秋の京都を感じられるセンス抜群の秋限定、京都のお土産8選を紹介してきました。秋の京都に紅葉狩りを目的に行かれるのであれば、お土産も秋らしいお土産を選びたいところです。今回紹介したお土産は、紅葉狩りの帰りに立ち寄れるお店や京都駅で手に入れられるものを中心にまとめています。観光を楽しみながら、すきま時間でお土産選びも充実させてみてはいかがでしょうか。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP